共用部の設備確認

不動産管理の専有部の設備について

不動産管理の専有部の設備について 不動産管理でよくあるものといえば、建物内の設備の管理です。
例えば、マンションの中には消防設備や電気設備、他にも空調や配管などチェックしておくべき設備というのがたくさんあるものです。
こういった設備を日々点検して、異常がないかをチェックすることが安全な暮らしにつながっていきますから、不動産管理を行う上で、とても大切なことと言えます。
また、マンションの不動産管理となると、専有スペースのことも気になるところです。つまり、住戸内の設備をどういった形でカバーしていくかという問題です。
例えば、近年の高齢化により、高齢者の単身化という状況も見られていますが、こういった社会の流れに対して、専有部分へのサービスを行う管理会社も存在しています。
住戸内の設備に何か異常があった時には、高齢者だと一人で対応するのが困難な場合もあるでしょうが、そういった時にサポートしてもらえると助かるものです。
なお、共有部と専有部の境界というのは若干複雑で、窓は専用使用部分といって厳密には共用部になります。しかし、もし割れてしまって修理などを行う際には、部屋の区分所有者が行うことになります。
専有部分へのサービスを行う管理会社では、こういった部分もサポートしてくれるので助かると言えます。

共用部の設備を確認する

共用部の設備を確認する 不動産管理においては、まずは共用部の設備を確認することが必要です。
エントランスではオートロック機能が備わっている物件も多く防犯カメラが付けられている物件もあります。このような物件の場合では、部外者が物件内に入ることができないので、不動産管理を行う上では安定した管理業務を実施することができます。
共用部には照明器具が設置されているのですが、いわゆる球切れなどを起こしてしまった場合では、早急に変えることを必要としているので、その種類を見極めることも大切です。
集合ポストなどが設置されている物件の場合では、ポスティングされたチラシなどを廃棄してしまう方も存在しているので、専用のゴミ箱を設置することもおすすめの方法です。
床材に使われている素材によって、巡回業務の方法も変わるので、素材を確実に判断することも必要です。
他にも防災設備の有無やゴミステーションの有無、駐車場や駐輪場の状態を確認することも大切になり、常に設備を良好に保つことを目的にすることが求められています。