不動産管理の募集物件の現状

不動産管理の募集物件の現状を把握する

不動産管理の募集物件の現状を把握する 不動産業界に従事して20年になるサラリーマンです。
インターネットや新聞広告等でその物件が現在も募集中の物件であるかどうかは、なかなか素人さんにはわからないと思います。
たいていの場合ですが(特にインターネット広告)、広告を掲載している不動産業者が直接、貸主から預かっている場合は、あまりありません。
すなわち、どこかの不動産会社が直接貸主から預かった物件をその直接預かった不動産会社の情報をもとに、二次的にインターネット広告を出している場合が多いです。
よって、その間に時間的なタイムラグあり、実際に問い合わせてみると終わりましたと言われる場合が多いはずです。
当然、インターネットの広告を出すには原稿の締日、掲載物件の詳細な資料作り(間取りや、写真等)を作製する時間も必要となってきますので・・・。
一番簡単に、どの不動産業者が直接物件を預かっているのか(不動産管理までしいるか否かにかかわらず)、素人さんにもわかる単純な方法は、現地の募集看板を見るです。現地に募集物件の看板を掲載してる業者が直接物件を預かっているので、そこに問い合わせしてみるのが一番良い方法です。
当然、貸主と直接のルートを持っているので、貸主の本心(値段交渉の可能な範囲)も担当営業者ならばよくわかっているので・・・。
その場合の看板を掲げている場合がたいていの場合、不動産管理まで任せいてることが多いので、その物件のことにも一番精通していることになります。

不動産管理で募集条件の設定をする

不動産管理で募集条件の設定をする アパートなどの物件を所有するオーナーであれば、不動産管理会社と連携を行い不動産物件の運営を行うことが一般的です。
不動産管理会社を利用した場合では、入居、退去の対応を行ってもらうことができ、普段の生活上で発生してしまうトラブルに対しても、早期に解決できることになるので、オーナーにとっては便利に使うことができます。
不動産管理会社を通じて物件の管理を委託する際には、事前に入居者に対しての募集条件の設定を済ませておくことも大切なことです。
例えば家賃の設定があります。近隣での相場を見て判断する方法がありますが、新しい物件の場合では高めに設定する方法、逆に古い物件であれば安めに設定する方法もあり、バランスを考慮することも大切なことです。
敷金や礼金の項目の設定も大切です。敷金の金額を設定する方法、礼金の有無を決定する方法があり、オーナーの判断でも決めることが出来る内容です。
他にも契約年数に関する設定などを設けることもできますが、入居者自体に対する設定を行うことも非常に大切です。
例えば入居者の職業で判断を行う方法、年収制限を設ける方法、男女の性別で分ける方法、ペットの飼育に関する取り決め、駐車場の使用に関する取り決めなどもあり、全ての募集条件を最適に整えることが大切です。

おすすめの不動産管理情報リンク

建物管理から空室対策・リフォームまで行う総合不動産会社のサイト

埼玉 不動産管理